月星スワンカラー

塗装ステンレス鋼板

格段に優れた耐久性・遮熱性・加工性。
月星スワンカラーは外装材として最適です。

優れた耐久性と加工性

耐食性・耐候性に優れたSUS304ステンレス鋼板に樹脂を焼付塗装。遮熱性に優れ塗膜が安定しているため、過酷な自然環境下でも屋根材・外壁材として永く安心してご使用いただけます。

優れた耐久性

耐食性に優れたステンレス鋼板に、加工性・耐候性に優れたポリエステルウレタン塗料を塗装・焼付けした高耐久性製品です。
[塗膜保証10年付(塗膜フクレ、剥れ)]

優れた加工性

上塗りだけでなく、下塗りにも加工性に優れたポリエステル塗膜を使用。曲げ加工部の塗膜にクラックや剥離が発生しにくくなっています。

製品の構成

耐候性について(沖縄暴露試験)

優れた遮熱性

遮熱性を付与したことにより、全色日射反射率=30%以上と大きく向上。屋根温度の上昇を大幅に抑えてくれます。測定法はJIS G 3322(2012)14.3準拠

[遮熱性] 熱反射性顔料により赤外線を反射

[遮熱特性] 月星スワンカラーは日射反射率が大幅に向上!

日射反射率

[参考]日射反射率と模擬屋根温度の測定例

豊富な20色調(カラーバリエーション)

エナメル、つや消し、メタリック調の3タイプあわせて20色をご用意。豊富なカラーバリエーションからお選びいただけます。

※背景色を変更してご確認いただけます。

エナメルシリーズ
ブラウン
(PNBH)
ブルー
(PNBL)
カッパーブロンズ
(PNCU)
グリーン
(PNGH)
ゴールド
(PNGL)
グレー
(PNGR)
レッド
(PNRH)
シルバー
(PNSH)
ホワイト
(PNWH)
アイボリー
(PN20)
緑青
(PN30)
フレッシュグレー
(PN80)
つや消し&メタリックシリーズ
クリスタルシルバー
(LNCS)
ダークブラウン
(LNDB)
銀黒
(LNGG)
モスグリーン
(LNGM)
ミッドナイトブルー
(LNMB)
緑青
(LNRY)
タキシードブラック
(LNTB)
グレーメタリック
(LN80)
裏面色(グレー)

製品情報ページをご覧の皆様へ
モニタ画面上での製品画像の発色は、実際の色と異なる場合があります。詳しくは、各製品サンプル帳などでご確認ください。

注意事項と保証について

注意事項

1.混合使用
同じ色彩の塗装鋼板でも製造メーカー、種類により特性値が異なり、年月を経ると外観に差異ができますから同一建物での混合使用は絶対に避けてください。

2.扱いキズ
成形・運搬・施工時、表面にスレキズ、カキキズがつく場合がありますので、取扱いには十分注意してください。

3.塗装を剥がす場合
ハンダ付け等で塗膜を剥がす必要がある場合、剥離剤による方法がありますが、強い溶剤を含んでおり、剥離作業後の水洗が十分でないと、あとに塗る塗膜を極端に傷めますので、水洗は十分に行ってください。

4.加工時のクリアランス
呼び厚さは原板厚さをいいますので、加工時のクリアランスは塗膜の厚さを考慮の上、適正なクリアランスを設定してください。

5.成形ロールの手入れ
成形加工時に、良好な仕上りを得るためには成形機のサビ落とし等の手入れをお願いいたします。

6.施工後の注意

●成形加工時に、良好な仕上りを得るためには成形機のサビ落とし等の手入れをお願いいたします。

●軒下近傍等の雨掛かりし難い部分については、腐食原因物質が付着し黒い変色に至る場合がありますので、定期的に水洗いすることをお勧めします。

●施工時に馳部を変形させた場合、屋根の熱伸縮により音鳴りが発生することがありますので注意が必要です。

7.防腐・防蟻処理木材との長期接触による腐食の防止について
防腐・防蟻剤(主に銅系の薬剤)を使用した木材や合板は、めっき鋼板や塗装鋼板の耐食性に影響を及ぼしますので、防腐・防蟻処理を含む木材との接触は避けてください。直接木材や合板に接触する部分(軒下、けらば、棟包み、水切り、降り棟、谷部、目地等)には絶縁用下葺(ルーフィング材またはブチルテープ等)をご使用ください。

8.その他

●保護フィルムの使用について: 塗装鋼板との密着性が安定しないことに加え、保護フィルムの粘着剤が上塗り塗膜へ悪影響を及ぼす可能性がありますので、保護フィルムの使用はご遠慮ください。

●断熱材貼り付け加工を行う場合、接着剤による方法をご採用ください。熱融着による方法は塗膜の加工性を低下させるため、避けてください。

●プレッシャーマークは保管時等、圧力が塗膜表面に掛かることによって発生する光沢変化現象です。このプレッシャーマークは、圧力解放後の経時で復元しますが、復元速度は温度の影響が大きく、温度が高いほど復元速度は速くなります。ただし、急激に加熱すると塗膜を傷める可能性がありますので、ご注意ください。また、性能上の問題はありませんので、通常通りご使用いただけます。

保証について
塗膜フクレ・剝れ保証最長10年

保証規格

保証内容 塗膜のフクレ・剝れが一定の基準以下であること。
(切断端面から発生した異常は対象外とします)
保証期間 建築施工後最長10年間とします。
保証条件 ●適切な環境で使用されていること。
●加工・施工・設計が適切に実施されていること。
補償方法 当社が定めた内容によります。

●保証の詳細は、当社営業窓口または特約店へお問い合わせください。

●保証は、お客様からの申請に基づき個別保証書を発行することにより行います。

不適切な使用例

1.環境例
●塩害、亜硫酸ガス、アルカリなどの影響がある場合。
●鉄粉など付着した場合。
●湖沼、河川などの周辺で常に水しぶきがかかる場合。
●天災地変、災害など、その他不可抗力による損傷が発生した場合。

2.加工、施工例
●施工後に外力、加工屑などの飛来による損傷があった場合。
●加工時、施工時に損傷が発生した場合。
●防腐剤、防蟻剤を含む木材との長期接触があった場合。
●葺工法毎に許容される屋根勾配を無視した場合。